シュークリームは英語ですか?

英語 お菓子の名前
huuちゃん
huuちゃん

TOMしぇふ!『シュークリーム』ってもちろん英語だよね。

TOMしぇふ
TOMしぇふ

え、違うよ。

huuちゃん
huuちゃん

じゃあ、フランス語なの?

TOMしぇふ
TOMしぇふ

それも違うなぁ。

huuちゃん
huuちゃん

もしかして日本語!?

『シュークリーム』英語なのか?

『シュークリーム』は英語でも、フランス語でもありません。そして厳密にいうと日本語でも何語でもありません。

どういうことか?

いわゆる和製英語なのです。シュークリームの生地であるシュー生地のシューはフランス語。クリームは英語。この二つをドッキングさせて作られた言葉です。つまり日本でしか通じないという事。

クリームをフランス語で言うと”crème”クームです。レが太字なのはフランス語にチャレンジした人が必ずぶつかる[R]の発音だからです。この発音ができなくて、英語風の「クリーム」をくっつけたんじゃないかな?というのが私の推測です。

 

『シュークリームが食べたい!』って外人さんに言ったらどうなる!?

では外人さん、特に英語を母国語にしている方に『シュークリームください!』と言うとどうなるのか?

『シュークリーム』というと、全く違うものが出てきます。そして食べられません。

外人さんたちは『シュークリーム』=”shoe cream”と想像してしまうそうです。「靴クリーム?そうか靴墨だな!」という連想が起こるようですね。

ちなみに靴墨の英語は”shoe polish”なので、『シュークリーム』という言葉は本当に日本固有のものなんですね!(こんないい方したらとても貴重なものみたい……。)

英語で『シュークリーム』って何ていうの?

そうすると、英語で『シュークリーム』はなんというのか?

『シュークリーム』は英語で”Cream puff”(クリーム・パフ)と呼ばれています。クリーム入りの軽く焼き上げてふわっと膨れたお菓子の意味があるそうです。

また、『プロフィトロール』とも呼ばれるそうです。お菓子の本場フランスではプロフィトロールと言えば、小さなシュークリームを積み上げて熱々のチョコレートソースをかけたデザートの事なんですが……。

本当に言葉って面白いですね。

 

プチ・ラパンのシュークリーム記事いろいろ

プチ・ラパンのシュークリームの美味しさの秘密
プチ・ラパンは京都・長岡京のシュークリームの名店!? 専門店としてタルトのバリエーションが自慢の京都・長岡京のプチ・ラパンですが、フランス菓子の専門店でもあります。 その代表的な商品がシュークリーム。(シュー・ア・ラ・クレームというフランス
ケーキ屋さんの定番、みんな大好き『シュークリーム』 – 仔兎図書館

コメント

  1. […] シュークリームは英語ですか?  […]