京都・長岡京のご当地スイーツ『たけのこマカロン』

プチ・ラパンのたけのこマカロン

『たけのこマカロン』と『長岡京市』

『たけのこマカロン』誕生のきっかけは?

市制40周年を迎えた長岡京市にはさまざまな魅力があります。歴史・文化・自然・景観・農産物・特産品 そしてこの街に暮らす人々。

そんなわが町に新たな魅力・新しいブランド産品を開発しようと、長岡京市と長岡京市商工会が取り組みを始めました。

それが『長岡京市ご当地スイーツアイデアコンテスト』です。

『長岡京ご当地スイーツアイデアコンテスト』

長岡京市ホームページや郵送、電子メールで作品を応募したところ、レシピ等が特に必要なく自由な発想で気軽にどなたでもアイデアで参加できるというスタイルが、長岡京市内外から関心を持っていただき、僅か一か月半の期間になんと191件もの応募をいただきました。

これらの作品をWEBでの一般投票と京都製菓技術専門学校副校長・鮫島孝宏氏を委員長とする審査委員で地域性・アイデア(ネーミング)・デザイン(作りやすさ)・将来性という観点から厳正なる審査の結果見事グランプリに輝いたのが、この『たけのこマカロン』なのです。

『たけのこマカロン』誕生への道

市内の洋菓子店が集まり、商品化へに向けての取り組みが始まりました。

形・色・たけのこの加工方法など課題は山積しており、マカロン自体を製造していない店舗も少なくない中、その道程は困難を極めました。

そして、私たちが出した結論は長岡京市の洋菓子の魅力を伝えるためには『それぞれの店舗の特徴・持ち味』を生かしたマカロンを作るのが最も効果的であるということでした。

その結果たけのこをイメージした形やたけのこを素材に用いた6店舗による6種類の個性的なマカロンが誕生するととなったのです。

味・素材や形・大きさの違いを楽しみながら、お気に入りのマカロンを探す小さな旅を、ここ長岡京市で一緒に楽しみましょう!


マカロンとは

 

 マカロンとは皮をむいたアーモンド、砂糖、卵白を主成分とした、外はかりっと内側はしっとりした小さな丸いお菓子。多くの場合、コーヒー、チョコレート、苺、ヘーゼルナッツ、ピスタチオやバニラの風味がつけられる。マカロンは通常、二つをつなぎ合わせて並べられる。

 その起源はとても古い。レシピはイタリア、とりわけルネッサンス期のヴェニスに由来する。しかし、ある特定のものはコルムリーのマカロン(791年)に先行性を想起させる。後に多くのフランスの町で特産品としてのマカロンが作られた。

 この小さなお菓子がとりわけ17世紀に有名であったナンシーでは、「お肉を食べない彼女たちに良質なアーモンドを」という、アビラのテレサの教えを文字通り実行しているカルメル会の修道女によって製造されていた。

 パリでは《ジェルベ》(マカロンが得意だった菓子職人の名)と呼ばれる最も評判の高いマカロンは、丸くて表面がすべすべとしており、クリームやガナッシュを挟んでいる。《オランダ風》と呼ばれるマカロンは乾燥機で乾燥させた後、オーブンで焼成する前に包丁で割かれた皮を持っている。

 

(LAROUSSE gastronomique 1998,LAROUSSE)


世界で唯一?!たけのこごはん入りのマカロン

たけのこマカロンの解剖図チ・ラパンのたけのこマカロンの最大の特徴はたけのこごはん。もちろんたけのこ入りの味付きご飯が入っているのではなく、フランスの定番デザート、ミルク粥のようなリ・オ・レ riz au lait を考え方のベースとして、ミルクをオレンジ果汁に置き換えたものがクリームの中心になっています。さらに、発酵バターとマダガスカル産の天然バニラビーンズを加え、まろやかさと豊かな香りを纏っています。
 要の素材であるたけのこは、毎日徐々に糖度をあげながら中に甘みを入れていくコンフィという技法で2週間ほどかけて完成させます。ジュニパーベリー(蒸留酒ジンの香りの元、杜松)とグリーンペッパーのスパイシーな香りも同時にしみこませていきます。左の初期に用意した解剖図では角切りになっていますが、これだと肝心のたけのこの存在感が薄れてしまっていましたので、現在では大きめサイズのマカロンであることの特性を活かし、大きくマカロンの断面いっぱいにスライスしたものを挟んでいます。つまりたけのこマカロンを提供している5店舗のマカロンのうち最大サイズであるプチ・ラパンの『たけのこマカロン』には、最大サイズのたけのこが入っていることになります。
このようにプチ・ラパンの『たけのこマカロン』は常によりおいしくなるように改良が加えられています。

 

りと味わいの微妙なバランスから成り立つプチ・ラパンの『たけのこマカロン』は食べ方に少し気をつけなくてはいけません。香りと味わいの微妙なバランスから成り立つプチ・ラパンの『たけのこマカロンは食べ方』に少し気をつけなくてはいけません。緑色のパートは香りの要素。繊細な香りのハーブ、エストラゴンを一枚ずつ丁寧に張り付けて焼き上げていますので必ずその香りを十分楽しめるように鼻側、つまり上にしてください。茶色のパートは味の要素。ほんのりコーヒー味の生地に白ごまをふりかけて香ばしさをプラスしていますので舌側にして存分に味わってください。マカロンにエストラゴンを貼り付ける

意があります。プチ・ラパンのたけのこマカロンは期待外れの結果をもたらすことがあります。「甘いたけのこ」「スイーツの中にごはん」と聞いて奇怪で理解不能な味わいを期待されることが多いのだと思います。何度かテレビのスタジオにて実食で紹介されたことがあるのですが皆さんだいたい「あれっ?」といった表情をされるのです。それはおそらく、思ってた以上に普通にスイーツだったということだと想像されます。これはNHKの「うまいっ!」という情報番組で紹介される中でスタジオで司会をされているキャイーンの天野さんが発した一言「マカロン自体の完成度が高すぎる」に集約されているのではないでしょうか。「辛い」=「罰ゲーム」のような単純な公式が成り立つものではないことを理解したうえでプチ・ラパンの『たけのこマカロン』をご利用ください。ただしマカロンの完成度への期待は決して裏切りませんのでご安心を。

プチ・ラパンの『たけのこマカロン』メディア掲載履歴

プチ・ラパンの『たけのこマカロン』やたけのこマカロンプロジェクトチームや長岡京市の取組が多数の雑誌・テレビ等で紹介されています。

 

たけのこマカロンの『かしこ暮らしっく』ポイント

かしこ暮らしっく長岡京

上記の通り、長岡京市の市制40周年を記念して始まったこの事業は、言うまでもなく長岡京市のシティプロ―モーションであるかしこ暮らしっくと大変相性の良いものです。

長岡京市の古くからの代表的な作物である「たけのこ」を利用してスイーツを製造する事はクラシックな暮らしにほかなりませんし、通常では想像もつかないマカロンにたけのこを加えるということを複数のケーキ屋さんが成し遂げ永く販売する街に暮らすということはかしこい暮らしの実践以外にはありえません。

私の住む長岡京のご当地スイーツとして、ご親戚やお友達の元に贈ることができるように、京都の西南・長岡京市への定住を検討されてはいかがでしょうか?

保存

関連サイト

たけのこマカロンプロジェクトチーム公式ホームページ
たけのこマカロンプロジェクトチーム公式ホームページへのリンク

プチ・ラパンの『たけのこマカロン』通販ページ(ニッポンセレクト内)

ニッポンセレクトへのリンク